何が入っているかわからないような精力剤も流通している!

何が入っているのかわからない精力剤も流通!

こんにちは、ダイスケです。

 

 

精力剤≒ペニス増大サプリですが、精力剤って本当に海外産のものが多いですよね。

 

 

特にアダルトサイトのわきに張ってあるバナーとか、見るといかにも効きそうなネーミングなんですけど、僕は怪しくて使う気にもなれません…

 

 

こういったサプリは少なからず即効性があるような感覚がするそうです。

 

 

それは即効性のある医薬品成分をわざと混入させているからなんです。

 

 

もはや中身は「サプリ」といえないようです。

 

 

原材料名がはっきり明記されておらず、何が入っているかわからないのです。

 

 

厚生労働省の抜き打ち検査で出てくる成分は不安なものばかりですね!

 

 

以下 厚生労働省ホームページより抜粋です。

 

 

これらの「医薬品成分」は多くの精力剤、サプリメントから検出されているのです。

 

 

一部精力サプリメントから検出されている医薬品成分

 

引用

 

・シルデナフィル

 

国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されています。

 

承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は以下。

 

適応:勃起不全

 

副作用:血管拡張、頭痛、動悸等

 

 

・ホモシルデナフィル

 

国内外で医薬品としては承認されていません。

 

シルデナフィルと同一の活性代謝物が生成され、シルデナフィルと同様の作用を示すことが実験的に確認されています。

 

 

・ヒドロキシホモシルデナフィル

 

国内外で医薬品としては承認されていません。

 

シルデナフィルと同様の作用を示すことが実験的に確認されています。

 

 

・タダラフィル

 

国内ではタダラフィルが医薬品(販売名:シアリス錠)として承認されています。

 

適 応:勃起不全

 

副作用:頭痛、潮紅、ほてり、消化不良等

 

 

なんと、日本国内では承認されていない医薬品成分までが混入。

 

 

上にあげたものはほんの一部です。

 

 

厚生労働省のホームページで、検出された医薬品成分と、商品が広報されています。

 

 

医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について

(上記の飛び先のサイトはデータ送信の保護のためのSSL化がされていないサイトです。データ送信の保護をしている当サイトから移動すると保護されていないと注意が出るブラウザがございます。
ただし、問題なのは飛び先のサイトで個人情報などを送信する場合であって、閲覧のみする分には特に安全に問題はありません。)

 

 

即効性を感じてしまうのは危険な成分が混入してる恐れがあるから

 

これらの精力剤に共通なのは「大層なネーミング」と、性行為の○時間前にお飲みくださいとか即効性をうたった広告と注意書きがあることですね。

 

 

実際、これらの商品は意志に関係なくペニスが勃起するようになったりして、すごい効果を感じるものもあるらしいのですが、それは危険な成分が混入している可能性があるからであり、注意が必要です。

 

 

リゼノールやゼファルリンは派手なネーミングや広告でもありませんし(特にゼファルリンは)原材料名もすべて明記してあります。

 

 

なにより、両商品とも

 

 

「1日2カプセルと2錠を目安にお湯または水とともにお召し上がりください」

 

 

と書いてあるだけで、即効性を匂わせるとか、違法性を感じるような文言は一切ないです。

 

 

真面目に作りこんである高品質サプリメントで、安心して使用できます。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。