オナニーしたら必ず射精したほうがいいかって質問がありました。

こんにちは、マサキです。

 

 

俺たちの運営しているこのホームページに「オナニーした場合必ず射精した方が良い?」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はこれについて書いていこうかと思います。

 

 

これは射精しないと、残した精子、精液が劣化するかもしれないので、そのまま射精予定だった分は必ず出したほうがよいよね?ってことだと思いますが…

 

 

もうかれちゃったよ…

 

 

射精しなけれれば、そのまま残した精子、精液は劣化することは間違いありませんが…

 

オナニーした際に、射精する予定だった精液を射精しないと、それはそのまま体内で劣化していくことは間違いありません。

 

 

その精液はどうなってしまうかというと、そのまま射精されなければ、体内で代謝され、たんぱく質として吸収され、様々な生理活性物質の材料として再活用されます。

 

 

個人差はあるが、(蓄積されて)4日以上経つと精液は夢精として自然排出されるか、体内でたんぱく質として吸収されてしまう。3日目まで蓄積された精子は、精液の量に反して活性が低い。精子の生存期間は温度など条件により約1 - 21日間である。

出典:wikipedia 射精

 

 

ですから、精液は体内に残っても毒になる、ということはないので安心してください。

 

 

オナニーした際、射精したほうがよいのかどうか、というのはオナニー頻度による

 

オナニーした際に必ず射精したほうがよいかどうか、というのは頻度の問題です。

 

 

オナニー癖がついておらず、3日に1度しかオナニーしないとか、1週間に一度しかオナニーしないとか、3日前にセックスした後一度も射精していないとか、そういう場合は射精したほうがよいでしょう。

 

 

上に上げましたが、「3日目まで蓄積された精子は、精液の量に反して活性が低い」ということがあるからです。

 

 

精子が劣化しないうちに、出したい、となるのが、生理的欲求です。だから性欲が溜まる感じがするのです。

 

 

数日間射精しておらず、「溜まった」感じがあるんだったら射精したほうがよいです。

 

 

射精することでは、性的快感を感じ、リフレッシュした状態になります。

 

 

リフレッシュした状態

 

 

あまりにテストステロンのレベルが上がり過ぎると、気分が殺伐とし、イライラしてきます。テストステロンはそういう性質の性ホルモンなのです。

 

 

テストステロン量を調整出来たほうが、仕事や対人関係がスムーズになる場合があります。射精はテストステロンレベルの調整に寄るリフレッシュ効果も兼ねているということです。

 

 

また、射精を時々することでは、精巣が活発にテストステロンを分泌し、精子、精液の素体液、前立腺液や精嚢(せいのう)液の生産に励むことになり、生理活性されるため、生殖機能を高レベルで保つ条件になります。

 

 

そういう意味でも、「適度な」射精回数を保てることはよいことです。2~3日に1、2度とかね。

 

 

度を超えた射精をするとどうなるか

 

オナニー癖がついてしまって、度を超えたオナニーをするとどうなるか。

 

 

度を超えた射精をオナニーですると、本番のセックスの際に上手く立たせられない上、数滴しか射精されないなどということになります。

 

 

精子、精液がほとんどなければ、こうなるのは当たり前なんですが、そんな状態を彼女が見たら…?ひっじょ~に恥ずかしいですね…

 

 

まだオナニーに気づかれて、軽く軽蔑されるくらいならましです。

 

 

彼女がやる気満々の時に、出すものが少ないって、軽くピンチの状況です。しかもそれ、久しぶりのエッチだったとしたら…

 

 

浮気を疑われて激怒され、別れるとかそういう話になったらどうします?

 

 

目も当てられませんよ。

 

 

振られる

 

 

まず、エッチをする間柄の彼女がいるという人が、毎日数回の射精をするということは絶対に避けたほうが良いと思います。って、そんな彼女がいる人はわかっていることだと思いますが…

 

 

じゃ、彼女がいなければ自由奔放に射精してよいのか、ということですが…

 

 

自由奔放に射精しまくって、常に精子がカラカラの状態だったらどうなるでしょう?

 

 

ヒトの精子、精液が作られ、貯蓄されるスピード、量はその人のもともとの体質的ポテンシャル、年齢、健康状態、栄養状態といったところに左右され、個人差がかなりあります。

 

 

オナニーによる射精が1日6~8回もできる人がいれば、1日3回もつらい、という人がいます。

 

 

射精

 

 

それはともかく、オナニー癖がついていて、いつもカラカラで、ふぐりまわりがふわふわ浮いている感じで、腰が痛いとか言うくらいの場合。

 

 

これは、まずテストステロンが精子、精液を作ることに手いっぱいとなってしまい、仕事や勉強への集中力、活力などをやや落とすことになってしまいます。

 

 

受験生でオナニー癖があったら最悪です。

 

 

勉強、授業での集中力を欠く上に、精液、精子をつくるため、なるべく体を休ませるために、過眠気味になる恐れがあります。

 

 

つまり、きちんと勉強する機会が全く失われるという形になる恐れがあるのです。

 

 

さらに大きな問題があります。

 

 

もしペニス増大にチャレンジしているなら、ペニス増大さの妨げになります。

 

 

もし仮性包茎の改善にチャレンジしているのなら、仮性包茎改善の妨げになります。

 

 

精子、精液が十分でないと、生殖機能が万全になりませんから、強い勃起ができません。

 

 

強い勃起はペニスの成長には欠かせないのです。

 

 

射精しすぎてカラカラの状態が続いてもペニスの機能が早く衰えることはありませんが…

 

立たせるのがやっと、というふにゃちん状態を続けたとしても、ペニスの機能が早く衰えるとか、そいいうことはありません。

 

 

筋肉も同じです。筋トレをしすぎて、筋肉が衰えるということはありませんよね。

 

 

でも筋肉は負荷をかけすぎると痛みます。

 

 

痛めればパフォーマンスに悪影響がでますよね。スポーツで勝負事をやっているとしたら、パフォーマンスガ命なので、しっかり休んで修復に努めなくてはなりません。

 

 

ペニスは別にオナニーで痛むことはまずありませんけども、まあヘンに道具を使いまくったオナニーでは亀頭を傷つけたりとか、尿道を傷つけたりという人がいます。

 

 

勃起が落ちれば、ペニス増大や包茎改善、そして生殖活動へのパフォーマンスは落ちます。

 

 

彼女作る予定もないし、ペニス増大もしてないし、仮性包茎のままでもいいし、仕事のヤル気が上がらなくてもいいし…って人は出しすぎってところまでやっても良いんじゃないでしょうか。それは自己責任です。

 

 

でも普通に社会生活を送っていたら、射精しすぎはヤバいと思いますよね。

 

 

身体に倦怠感が出ているとか、仕事のやる気に影響してしまっているとか…そういうことがあるはずです。

 

 

射精しすぎ

 

 

これは射精しすぎのせいだ…ってうのはまず気づきますもんね。

 

 

でも、オナニーし過ぎ、射精しすぎは日々の生活にはある意味負担だから、姿勢しようと思っても、なかなかオナニー癖がついてしまうと抜けられないのがつらいところです。

 

 

それで困っている人は少なくないと思いますが…

 

 

オナニーで射精を止めるのは大変です。オナニー「頻度を」抑えることを意識しましょう。

 

実際、オナニーで射精を止めるのは大変です。

 

 

オナニーしたら必ず射精したほうがいいかっていうより、オナニーしたら必ず射精したくなってしまうから、「オナニーしたら必ず射精してしまいますが良いのでしょうか?」って思っている人のほうが多いのではないでしょうか。

 

 

なぜかって、オナニーは快感を伴うからです。快感があるからやりたくなるんですから。

 

 

その中でも最高の快感と恍惚感が得られるのが射精です。

 

 

射精の直前で止めてしまったら、性的興奮の発散の場がなく、非常に気持ち悪い思いをします。

 

 

性欲開放、リラックスを求めるためのオナニーなのに、途中で止まってしまったら逆の結果をもたらしてしまいます。

 

 

射精しない選択肢ってとってもつらいのです。

 

 

ですから、オナニー自体の頻度を抑える努力をするしかありません。

 

 

大変でもするしかないのです。射精まで行ったのを途中で止めるよりはつらくないでしょう?

 

 

でも、急に減らせるものでないですね。「オナニーでの射精のし過ぎは日々の生活に支障があるから、頻度を減らしたほうがよいんだ」ということを意識しすることはしましょう。

 

 

射精の頻度がなかなか下がらない…活力、パフォーマンスを補うために精力サプリでテストステロン、精子、精液をつくるための栄養を摂ろう

 

オナニーは急に減らせるものではありません。

 

 

オナニーでの射精が多ければどうしても日々の生活のなかで、活力、パフォーマンスに響きます。

 

 

活力、パフォーマンスはテストステロン、精子、精液が増えることで上がっていきます。

 

 

そのためにできることといえば、テストステロン、精子、精液を充実させる栄養を摂ることが最も手っ取り早いです。

 

 

テストステロン、精子、精液を充実させる栄養というのは、

 

 

おすすめなのが「アルギニン」「亜鉛」「シトルリン」です。

 

 

  • テストステロンの材料はコレステロール。テストステロン分泌を命令する性腺刺激ホルモンや酵素の材料はおもにアルギニンをはじめとしたアミノ酸に、ビタミン、亜鉛
  • 精子はたんぱく質なので、材料はおもにアルギニンをはじめとしたアミノ酸に、ビタミン、亜鉛
  • 精液の主成分は果糖、亜鉛

 

 

です。

 

 

体内でつくられるコレステロール、果糖の材料は普段の食事から十分とれており、飽食の時代では摂り過ぎの人のほうが多いくらいだと思います。

 

 

あえて精力サプリで摂ることはないでしょう。

 

 

「アルギニン」「亜鉛」は特にまとまった量必要です。

 

 

「シトルリン」は生殖機能の活発化と血管の弾性を高める栄養として、男性機能を高めるのにとても有用です。

 

 

アミノ酸に、ビタミン、亜鉛以外の栄養が確保されていることにこしたことはないですが、それ以前に「アルギニン」「亜鉛」量が欲しいところです。

 

 

「アルギニン」「亜鉛」「シトルリン」が大容量入り、テストステロン、精子、精液を充実させる栄養が濃い精力サプリを掲載します。

 

 

性ホルモン、成長ホルモン分泌に関わるとされる成分「GHリリーザー」に数えられる成分をすべてカバーした多成分&ピュア成分精力サプリ。

GHプレミアム


★男性ホルモン生成をサポートするとされる「トンカットアリ」とマカの倍以上のアミノ酸成分を持つ新成分「クラチャイダム」を主体とした強精ハーブが圧倒的に男性を元気にする。最新の精力サプリメントです。クラチャイダムは勃起阻害物質をブロックする作用も持ち、男性ホルモン減退に伴う活力不足対策には相性が良いです。


★「バイタルアンサー」よりスーパーアミノ酸の種類多く、「GHリリーザー(Growth Hormone Releasers)」が成長ホルモンと男性ホルモンの分泌量を増加させるコンセプト。性ホルモンが増加すると精液の合成量も増加し、活力アップにつながります。


★勃起力向上に必須の3大栄養素はアルギニンは1日あたり1000mg、シトルリン500mg、亜鉛約15mgと、同コンセプトのの勃起力回復サプリでは最も配合バランスに優れているといってよいでしょう。


★粘膜や体液を安定させ健康に必須の「ビオチン」、亜鉛は厚生労働省の基準に準拠した「栄養機能食品」
「バイタルアンサー」よりも全体的な栄養成分が多く、倦怠感の克服、活力サプリとして最適な栄養バランスです。


★製品中、最長40日間の全額返金保証付きは自信の証。


評価:星4
アルギニン、シトルリン、亜鉛の分量がとても多く多いです。
また、身体にすんなりと吸収するピュアなアミノ酸、ビタミン、ミネラルを配合しています。
そして、ハーブとしてはテストステロンの分泌をサポートするというトンカットアリと勃起阻害物質PDE5をブロックする作用があるといわれるクラチャイダムのみ。
これは特に勃起が弱いED状態の方や、活力がでない方が徐々に改善していくための栄養補給に特化した精力剤ですね。
若ければ、精液、勃起、性欲などの向上につながる成分が豊富。
動物性の成分や上記二種以外ハーブ系の成分が入っておらず、陰茎増大には向かないと思いますが、活力、勃起を促す精力剤としては優れた内容となっているなと思います。


「GHプレミアム」の公式ページで詳細を見る。

 

 

ハイブリッドなアルギニンサプリ。実感力に関わる亜鉛、シトルリンも大きく確保。精力アップだけでなく、身体作り用のサプリとしてもおススメ!

バイタルアンサー

★「体力不足」「精力アップ」「勃起力アップ」「男性の活力不足」からの脱出に最適な強力アルギニンサプリメント。
サプリのアルギニンの含有量はマカ、クラチャイダムの数十倍となります。
1日あたりアルギニン1600mg、亜鉛20mg、シトルリン500mgと、精力剤・サプリが含有する同成分量ではトップと言ってよい分量となっています。


★身体作り、精力アップに欠かせない、アルギニン以外の代謝成分、必須アミノ酸、ビタミンB群などをしっかり配合。


★雑成分は一切含まれない。精錬された成分のみで構成される安全性、吸収性の高さが売り。栄養吸収力の弱った男性の服用に特に適しています。


★すべての工程で安全性を定めたGMP認定、有機JAS認定を取得した大手製薬会社の国内工場に委託。厳しい品質管理基準を設けています。


返金保証があります。着荷後14日以内にメール連絡、20~30日以内での返品発送にて受理されます。


評価:星4
アルギニン、シトルリン、亜鉛の分量がとても多いです。
また、身体にすんなりと吸収するピュアなアミノ酸、ビタミン、ミネラルを配合しています。
ハーブとしてはテストステロンの分泌をサポートするというトンカットアリ、ソフォンを大用量配合。
身体作り、スポーツなどからのダメージ回復はもとより、精液、勃起、性欲などの向上にもおすすめの濃さ。
身体作りには毎日摂るようにしましょう。もちろん、精力向上のために使いたい方も同様。


「バイタルアンサー」の公式ページで詳細を見る。

 

 

尚、上記のような精力サプリが高くて手が出ないという方は、牡蠣サプリでも良いと思いますよ。

 

 

天然牡蠣エキスで安全。1日12mgもの亜鉛が摂れるわけですし、たんぱく質をつくるのにバランスよいアミノ酸、ビタミン、ミネラルを含むうえ、肝機能を整えるとされるタウリンも豊富ですしね。

 

 

さらに、亜鉛との相乗効果で精子、精液づくりを大きくサポートするビール酵母がしっかり入るのも魅力です。

 

 

安価でもテストステロン、精子、精液を充実させる栄養がかなり充実しています。

 

 

国内の牡蠣の産地では最も有名な広島県江田島の大粒の牡蠣を使用。1日100g分の牡蠣の成分をしっかり摂れる高品質。しかもお手頃。

海乳EX


★日本で最も牡蠣の水揚げ量が多い、広島県は江田島の牡蠣を使用。1袋155個分の牡蠣の栄養素が入ります。


1日の亜鉛摂取量は12mgで、厚生労働省が推奨する1日の栄養摂取基準に沿っています。


★牡蠣はヒトの体を作るアミノ酸をはじめ、亜鉛やタウリンなどを含む、40種類もの栄養をもち、肝臓をサポート。大きく代謝を促進して、男性の元気を回復。


精子、精液の材料となる亜鉛、アルギニンが豊富。


超栄養価が評価される「ビール酵母」を配合してします。ビール酵母はビールを絞った後の「酒粕」ですが、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルがたくさん含まれ、医薬品としても加工されているほどです。牡蠣との相乗作用、精子、精液の効率製造効果が見込めます。


★通常価格は1900円税抜き。さほど高くはないです。定期便は最初の1回はお試し税込980円。2回目以降は税込1949円です。


評価:星4
天然牡蠣エキスの精力剤。
亜鉛が多いだけあって朝のスッキリ感は相当なもの。下手な精力剤より上かもしれません。
まあ、でもアルギニンなどが多い精力剤は長く続けるごとに持久力がついていく感じで、牡蠣には回復感はありますが、粘り強さはつかない感じです。
そこがアルギニンやシトルリンを重視した精力剤と比較すると違うところかなと。
アンチエイジングや妊活などを目的とするなら、マカなども入っているほうがよいと思いますね。
亜鉛だけのサプリだと体に合わない人も少なくないと思いますし、吸収されずに体外に流れてしまう量も多いです。
そこで牡蠣がおすすめです。
牡蠣を食べることを考えるとコスパは相当なものだと思います。


「海乳EX」の公式ページで詳細を見る。

 

 

普段射精しすぎで、日々の仕事のやる気なり、活力低下が気になるという方、これくらいは摂りたいでしょ。

 

 

試してみてください。

 

 

僕もちょっと活力が足りないという時は、利用してます、活力源としてはバカになりません。

 

 

海乳EX

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。