サプリの多種の栄養素。体への吸収性向上とペニスへの作用へこだわり。

バリテイン広告1


マサキです。

 

 

「バリテイン」は、ペニス増大サプリでは最多級だ。

 

 

115種類の成分を持っている。(さらに発酵酵素エキスサプリ入りだ。)

 

 

成分が多ければいいってもんでもないのでは?とお思いになる方もいらっしゃるかもしれないが、成分は多いほうがいいよ。

 

 

それは吸収性の問題だ。

 

 

確かに、増大するためのポイントというのははっきりしているので、特に成分が多いということはさほど重要ではないように思うかもしれない。

 

 

日本人の「体質」を考えると、成分が多いことはけっこう重要になってしまうんだ。

 

 

まあ、日本人の体質というより、人間の栄養吸収の仕組み、ということかな。栄養吸収のメカニズム的なものだ。

 

 

栄養成分が多いほうが、相乗効果として、体への栄養吸収性が良くなる。

 

 

これはなぜかというと、人間の体は、常に代謝していて、常に体内の色々な酵素によって反応が絶えず起きているからだ。

 

バリテイン1

人間の体内にできる酵素はおよそ3000種類もあると言われている。

 

 

それが絶えず働き、栄養素は様々な酸に変化させられ、最後には老廃物として体外に排出される。

 

 

これが代謝だ。

 

 

そのような反応が絶えず行われる中で、必要な栄養を得ようと、吸収がグングン進んでいくのだ。

 

 

最終的な増大の目的は、ペニスの陰茎部分の「陰茎海綿体細胞」そして、先端部分の「尿道(亀頭)海綿体細胞」を増やしていくことだ。

 

 

その細胞をスムーズに増やすためにと開発された、純日本産の「超多成分」ペニス増大サプリが「バリテイン」である。

 

 

「細胞組織再生理論」を継承。成分最多級増大サプリ。

 

バリテイン広告2

多成分増大サプリはいろいろあるのだが、その中でも成分の種類が突出して多かったのは、これまで「リゼノール100E」だった。

 

 

「リゼノール」は2009年はじめて、「細胞組織再生理論」という、細胞学の現場から提唱されたサプリである。

 

 

俺が増大に実際位使ったサプリだ。

 

 

それまでは、シトルリン一辺倒だった日本のペニス増大サプリに新しい理論を吹き込んだ。

 

 

それはペニスの海綿体細胞増殖は、成長ホルモン、テストステロンのホルモンの作用によって、段階を追って実現するという内容で、筋が通っていた。

 

 

これは、筋骨の成長の例を考えてもけっこう当たり前なことのように思うのだが、それまで、増大といえば、強く勃起させて、反り返らせれば、「大きくなったように見える」で終わっていた。

 

 

実際はほとんど体積的には大きくなることはなかった。
(ただし、強く勃起させることが、結果として成長ホルモンをペニスに向けさせ、いくらか体積アップに成功する人はいた)

 

 

現代では「リゼノール100E」そして同時期に発売された「ゼファルリン」「ベクノール」などが市場を引っ張り、今日では、ペニス増大サプリは多成分で、ペニスの海綿体細胞増殖にいかに影響させられるか、ということでしのぎを削っている。

 

 

その中では、細胞増殖への作用の手順がしっかりしていれば、そこまで多成分じゃなくてもいいのでは?ということはあったのだと思う。

 

 

これまでは「リゼノール100E」が100種類の成分を持つということで、もっとも多成分だった。そのアドバンテージとしては、他のサプリより、特に「体内への栄養吸収性」というところにあると思われる。

 

 

ところが、この成分の多さと配合バランスの重要性がかなり大切だということがわかったのか、ここにきて、「リゼノール」を上回る多成分サプリが連続投下された。

 

 

それが「バリテイン」と、「ヴィトックスαエクストラエディション」だ。

 

 

「ヴィトックスαエクストラエディション」ついてはヴィトックスのページにて詳しく書くとします。

 

 

「バリテイン」「ヴィトックスα」「リゼノール100E」どれも「体への栄養成分の吸収」と「成分配合バランス」を「炭水化物」中心に消化吸収する日本人に合わせて多成分にしていると思われる。

 

 

特に「バリテイン」に関しては、栄養吸収力を極限的に向上させるために「生酵素液」まで用いるというぶっ飛んだ増大サプリとなっている。

 

 

「バリテイン」の公式ページで詳細を見る。

 

 

日本発。独自の増大理論(栄養吸収論)で推す増大サプリ。

 

バリテイン広告3

「バリテイン」の成分は115種類なのだが、発酵酵素液の材料までカウントしてしまうと、200種類もの多種類にもなる。

 

 

この極限的な多成分を持って成長ホルモンの分泌量増を狙い、さらに究極的に、海綿体細胞へ栄養集中させて、成長ホルモンを使い尽くす。

 

 

この究極的な吸収性を示す理論を、「バリテイン」ではNEA理論と名付けている。

 

 

これは下記の言葉を掛け合わせたものだそうだ。

 

 

「Nano(ナノ)」「Effect(効率的)」「Absolution(吸収)」

 

 

つまり栄養素の吸収を極限まで引き上げ、極限まで海面体増殖に作用させたい、という意味だろうね。

 

バリテイン2

その成分は以下の通りだ。

 

 

成長ホルモン誘導体、そして勃起力強化目的成分として、L‐シトルリン、L‐アルギニン、L‐オルニチン、L‐トリプトファン、亜鉛を中心に3種類の特徴的なサプリで形成いる。

 

 

その成分の全内容を下記に掲載する。

 

 

朝推奨、ソフトカプセル:スッポン末含有加工食品、1粒460mg
全成分:サフラワー油、ゼラチン、スッポン末、鯉胆末、豚プラセンタエキス末、水蛭末、ローヤルゼリー末、カキエキス末、しじみエキス末、サメ肝油、馬精製油、鳥滑鶏卵黄油、エンジュ抽出物、ヘマトコッカス藻抽出物、米胚芽、大豆発酵抽出物、食用ぶどう油、EPA含有精製魚油、米紛、山西老陳酢濃縮末、デキストリン、DHA含有精製魚油、コエンザイムQ10、プロポリスエキス、たんぱく加水分解物(乳由来)、グリセン、グリセリン脂肪酸エステル、ルチン抽出物、トマト色素、環状オリゴ糖、酸化防止剤(V.E)、酸化防止剤(V.C)、レシチン、(原料の一部に卵、乳、大豆、ゼラチンを含む)

 

昼推奨 ホワイトカプセル:L- シトルリン含有加工食品、1粒313mg
全成分:デキストリン、ゼラチン(被膜)、L‐シトルリン、L‐オルニチン塩酸塩、N‐アセチルグルコサミン、トナカイ角末、馬睾丸末、マムシ末、タツノオトシゴ粉末、馬の心臓粉末、クラチャイダム末、アカガウクルア末、マカ末、ガラナエキス末、エゾウコギエキス末、サンザシ末、雪蓮花エキス末、松樹皮エキス、ウコン末、マテエキス末、メカブ抽出物、アスパラガスラセモサ抽出物、黒胡椒抽出物、黒大豆種皮エキス末、発酵黒タマネギ末、赤ワインエキス末、カミツレエキス、ウナギエキス末、コンドロイチン蛋白複合体、ウーロン茶抽出物、澱粉、上白糖、ステアリン酸Ca、L‐リジン塩酸塩、ヘスペリジン、L-バリン、L‐ロイシン、L‐イソロイシン、L‐グルタミン、アラビアガム、ビタミンC、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に大豆、えび、かにを含む)

 

夜推奨 ベージュカプセル:トンカットアリエキス・野草発酵エキス含有加工食品 1粒313mg
全成分:デキストリン、ゼラチン(被膜)、冬虫夏草、高麗人参エキス末、霊芝子実体末、サソリ末、カツアバエキス末、蟻末、ムイラプアマエキス末、ワイルドヤムエキス末、スピルリナ原末、田七人参末、ボタンボウフウ末、ジャムウ・ガリアン末、亜鉛含有酵母末、銅含有酵母末、鉄含有酵母末、クロム含有酵母末、モリブデン含有酵母末、マンガン含有酵母末、トンブリ末、チンピ末、ツルドクダミ末、クマザサ末、ニンニク末、クコシ末、カンゾウ末、α‐リポ酸、山伏茸子実体末、メシマコブ子実体末、カカオエキス末、杜仲エキス末、紅参末、明日菜末、大麦若葉末、リンゴベリーエキス末、よもぎ末、さけ白子抽出物、トンカットアリエキス末、プラセンタエキス末(ウマ由来)野草発酵エキス(りんご、やまいもを含む)、ステアリン酸Ca、着色料(カラメル)、L‐アルギニン、L‐トリプトファン、D-リーボス、L‐アスパラギン酸ナトリウム、グリシン、(原材料の一部にヤマイモ、さけ、りんご、オレンジを含む)

 

 

1粒1粒の工夫が凄い。増大トレーニングのタイミングでの摂取を考えなくていい。

 

バリテイン3

ペニス増大は、勃起に対して、成長ホルモンを作用させようとするため、勃起トレーニングの1時間ほど前に増大サプリを飲み、男性ホルモンを多く分泌ことを目指す、ということをするのだが、、このバリテインについては、それをほとんど考えなくていい。

 

 

かなり特殊というか、良すぎる出来と言っていいかもしれない。

 

 

サプリごとの役割がしっかり割り振られているまれなサプリとなっている。

 

 

まず、増大成分はかなり大きめの「ホワイトカプセル」にほぼもれなく入っている状況だ。

 

 

また、ホワイトカプセルは昼間に飲むこと推奨、というように動物性の栄養分や抗酸化成分が詰まっていて、昼間のハードな活動でも、活力を落とさないような内容になっている。

 

 

ほかソフトカプセルはコラーゲンや精油(脂肪酸)を補充して、朝推奨の潤い不足を補うような内容になっている。

 

 

また、夜推奨のベージュカプセルは成長ホルモン誘導体に、酵素エキスや他植物成分を多くしている。

 

 

3つのカプセルは、それぞれの時間帯に体が必要とする栄養を考え抜かれて配合された成分だ。

 

 

このサプリは日々の生活の流れを考えて、作られているサプリなので、増大トレーニングに合わせる必要はほとんどないだろう。

 

 

ただ、増大トレーニング、つまり勃起させる、ということを意識することで、成長ホルモンが海綿体に向けられるきっかけになるので、ベージュカプセルを飲んだ後にトレーニングすることを推奨しておく。

 

 

必要ないように処方されていると言っても、トレーニングはやったほうがいいのは間違いないからね。120%引き出そうよ。

 

 

バリテインには定期便があるが、まとめ買いのほうが楽。

 

バリテイン4

バリテインは1回目の注文をすると、定期便を申し込むことができる。

 

 

これは「リゼノール」などと同様です。

 

 

定期便は、いつでも停止、再開ができるので便利。

 

 

ただ、バリテインは決済が基本的に「代引」となっていて、申込時にクレジットの支払いができないので、そこがマイナスポイントになるかな…

 

 

定期便で来るたびに、荷物と引き換えに料金を支払わなくてはならない…

 

 

これはかなり面倒だ。

 

 

できたら、事前の支払いができるようになるといいのだが。

 

 

コンビニ支払なんかもできるといいですが、今のところはできないね…

 

 

尚、まとめ買いの場合、

 

 

1箱目を単品価格の13,800円とした場合、2箱目が、税込10,500円ということになる。

 

 

定期便は、1箱目は必ず単品価格で買ったということになるので、2箱目は税込11,000円となる。

 

 

つまり、まとめ買いで買ったほうが安くなってはいくので、できたらまとめ買いのほうがいいと思うね。

 

 

まとめ買いして、クレジットの分割払いにしたほうが、少し安くなるし、受け取りのわずらわしさが最小限になるので、俺はお勧めするよ。

 

 

「バリテイン」を特にお奨めしたい人

 

  • 勃起していない状態でのペニスのサイズを大きくしたい人
  •  

  • 勃起の勢いを増して、反り返らせたい人
  •  

  • 勃起サイズに自身がない男性。(勃起力アップ)
  •  

  • 寝起きが悪い、血行不良など、体調に不安のある男性
  •  

  • 性生活でのスタミナと快感をアップさせたい男性
  •  

  • 活力がなく、元気がでない男性
  •  

  • 太っている人、中性脂肪が多い人
  •  

  • 成分の種類の多さにこだわる人。
  •  

  • 成分の吸収性にこだわる人。

 

 

「バリテイン」がお奨めできない人

 

  • 常用薬があり、医師にサプリメントの併用を止められている人(医師の判断による)
  •  

  • 返金保証が必要な人。
  •  

  • 代引き決済したくない人(決済方法が少ないのだけが難点。)

 

評価:星5
素材の吸収性がよいというより、素材のそれぞれ微妙に違う栄養成分が最多種摂れることで、身体全体の代謝活動が活発になるであろう点がずば抜けているのではと思います。
箱もサプリも他社よりでかい。配合している素材の種類によってカプセルなんかもいちいち変えているとこが細かい。

 

「バリテイン」の公式ページで詳細を見る。

 

ペニス増大サプリを飲み始めたら、トレーニングは必須ですよ。


ダイスケです。



増大サプリは、それこそ飲むだけでも、成長ホルモンの分泌量が増えるように、微妙な成分調合をされているものです。



ですから、飲み続けているだけでも、成長ホルモンの分泌量は大きくなり、少しづつ成果が上がっていくことは見込めると思います。



でも、そのままただ飲むだけででは、ムダに他に使われてしまう成長ホルモンも多いのです。



成長ホルモンと男性ホルモンをペニスに集中させようと意識することで、ペニスの成長速度が全くと言っていいほど違ってくるものです。



それほどトレーニングは重要なものなので、かならずトレーニングはするようにしましょう。



増大トレーニングの意味とは


増大トレーニングの意味とは



「栄養素により自力分泌量が増幅した成長ホルモンを、筋肉や髪、体毛などの身体の他の箇所に使われてしまうことなく、ペニスに集中させる」



ことです。



そのままトレーニングをしなければ、せっかく成長ホルモンの分泌量が増えても、わずか3%しかペニスに作用せずに、他の部分、筋肉、体毛、毛母細胞、ヒゲ…などに使われてしまうのです。



せっかく頑張って分泌させた成長ホルモンと男性ホルモンを無駄なく増大に使うため、以下のことを徹底して行いましょう。



尚、トレーニングはできるだけ就寝前が良いでしょう。



成長ホルモンの分泌量が、眠りに落ちて90分程度で最大化するためです。



トレーニングの余韻により、成長ホルモンがペニスに充てられやすくなります。



サプリはできる限り「トレーニング30分以上前」に飲みましょう。



サプリは、30分程度で消化され、体内に摂り込まれます。



男性ホルモンの分泌成分も、1時間以内に栄養素として使われ始めます。



特に「シトルリン」の血行促進作用は飲んで30~1時間程度で始まるので、そこを狙ってトレーニングするとよいでしょう。



シトルリンが作用している間は栄養だけでなく、成長ホルモンのめぐりも活発になるのです。(成長ホルモンやテストステロン、他内分泌型ホルモンは血管を通して伝わるため。)



実際のトレーニングはどのようなことをするのか


以下のことを意識してトレーニングします。



勃起トレーニング

  • 最大限に勃起させること

  • 自慰行為だが、射精せずに寸止めして、成長の必要性を脳下神経に感じさせる。(最大限の快感を得るセックスであれば、射精してかまわない。)

  • 自慰行為での射精は、サプリを飲んでいる間できる限り控える(精液を出し過ぎると、最大限に勃起できないため)

  • 勃起を強く、長時間持続させる


筋力トレーニング


  • ペニス周りの筋肉、下半身を、スクワットで鍛える。スクワットは、10回、2~3セット行う。

  • 壁に手をつき、かかとを上げたり下げたりするなどで下半身の筋肉を鍛える。かかと上げも10回、2~3セット行う。



他、股関節、足の筋肉を鍛えられるトレーニングなら、効果代大です。



男性ホルモンの分泌と、血液がペニスに集中されすいようにするため、下半身の血行を良くすることがポイントになります。



セックスはしてもOKです、ただし出しすぎない。


セックスはしてもいいですが、最高潮の快感を味わうために、最大に勃起させることを意識してします。



最大限に勃起させられないと、ペニスを大きくする必要はないと、脳下神経が判断してしまいます。



成長ホルモンをペニスに送り込むことをしなくなって、他に使われてしまう。



最大限に勃起できなくなる原因は、射精のしすぎです、



よって、最大限勃起できない、セックスでの射精のしすぎ、また、射精目的のオナニーの繰り返しは厳禁です。



射精の間隔は1日ごととか、3日ごとだと最大限に勃起させられなくなります。



大体1週間は開けないと、十分な精液量にはならないと思います。



大きくなるまでは出しすぎないよう我慢して、ストイックなトレーニングをしましょう。



セックスに近いかなり強力な快感を得られるものとして、アダルトグッズなんかを使うのも増大には効果的です。



ただ、ひたすら快感を追うものだけにその性能は進化しすぎました。これは弊害もあります。



実際のセックスよりも過激な映像を見ながら、これから体感するセックスでペニスに感じる快感以上の快感をグッズで快感してしまうと、本当のセックスで物足りず、心因的ED(勃起不全)や遅漏になりかねません。



くれぐれも快感に任せて射精しまくるのはまずいです。



精液不足では最大の勃起ができなくなるため、折角の成長ホルモンがペニスに作用しにくくなってしまいます。



上に上げたセックスと同じ事です。グッズでの自慰行為時も「最大の快感と勃起」を得られるように調整してください。



あと、大切なことがもう一点あります。



サプリの栄養はあくまで内分泌ホルモンの分泌、体調向上などに向けてのものです。



細胞を形成する直接的な栄養素ではありません。



細胞を増やすには、普段の食事で、質の良いたんぱく質を摂ることを特に心がけることが大切です。



脂肪分を落とした赤身肉などは、たんぱく質他、天然の亜鉛など多く摂れ、お勧めです。



※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

 

トップへ戻る