「テストステロン」と「成長ホルモン」は筋トレとオナニーでは確かに競合すると思いますが…

こんばんは、ダイスケです。

 

 

僕とマサキさんが運営する精力剤のホームページに「オナニーをすると筋トレ効果が減る」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はこのテーマで記事を書いていこうかと思います。

 

 

ダンベル

 

 

オナニーでも、筋トレでも、決め手となるのが「テストステロン」と「成長ホルモン」です。

 

 

たしかに、「テストステロン」と「成長ホルモン」は、陰茎の勃起力や増大、また筋肉の成長、どちらにもかかわります。

 

 

ですが、オナニーは筋トレ効果を奪うほどではないです。

 

 

オナニーは結構大事な行為で、適度な射精が精液をフレッシュなものにし、生理機能を高めます。

 

 

さらに、精液を放出することでは、大きな快感を得ることができるので、リフレッシュ効果があります。リフレッシュ効果は副交感神経を活発にさせ、さらにテストステロンの分泌を促進することになるのです。

 

 

オナニーは適度にすることで、筋トレと同じようにテストステロンの分泌を高める効果が期待できるため、筋トレに邪魔になるようなことは基本的にはありません。

 

 

問題は「オナニーやりすぎ」の場合です。

 

 

思春期に絡んでの「テストステロン」「成長ホルモン」のコントロールはとても大切。

 

ちなみに成長ホルモンは、陰茎と筋肉だけに関わるものではありません。

 

 

思春期を迎える直前とか、迎えてすぐに、性的な刺激を受け、性的なことに興味を持つと、成長ホルモンやテストステロンを「大人の陰茎」つまり生殖器の形成に摂られてしまい、身長の発育が阻害されるとの報告があります。

 

 

また、昔から言われてもいるし、実際に研究もされていますが、思春期を迎えないうちに筋肉をつけすぎると、身長が伸びないと言われます。

 

 

これは、筋肉が骨の伸びを圧迫してしまうからだとされますが、そればっかりでもないですね。

 

 

成長ホルモン、テストステロンを筋肉に取られすぎるということもあるようです。

 

 

「テストステロン」と「成長ホルモン」は共用なのです。

 

 

ですから、大切なのは、テストステロンや成長ホルモンは「要る分を増やして」「要る部分に作用させる」ということをしなければいけないのですね。

 

 

生殖機能をリフレッシュするオナニーは案外大切。問題はやりすぎ。

 

ここまで書いてしまうと、「オナニーをすると筋トレ効果が減るのか?」ということが本当じゃないかと思われると思います。

 

 

オナニーをしすぎだと、影響があるでしょう。

 

 

オナニーしすぎ

 

 

オナニーのし過ぎの場合、筋トレしたあとの効果に影響があるというよりも、筋トレをする時に負荷が十分かかるのか、という問題があります。

 

 

筋トレをするにも、スポーツをするにも、筋肉が十分に緊張しなくては、力を思い切り発揮できず、大きな負荷にはなりません。

 

 

筋肉を緊張させるのはやはりテストステロンなのです。

 

 

また、闘争本能を呼び起こす役割もテストステロンは担っています。

 

 

オナニーをしすぎて、睾丸がテストステロンの分泌をしますが、精子、精液の合成に手いっぱいになります。

 

 

また、筋トレをした後、次の筋肉の負荷に備えて、テストステロンを筋肉、骨の修復に使います。

 

 

そのような体を修復することにテストステロンが手一杯になると、やはり闘争心、筋肉の緊張は100%発揮できません。新たな負荷にまだ対応しきれないということで、発揮しないようにしてしまうのです。

 

 

経験があるのではないでしょうか。

 

 

もちろん、オナニーしまくった次の日も、スポーツはできます。健康に支障がない程度にはテストステロンを回さなくてはなりませんし。

 

 

でも、下半身が充実していないことや筋肉の緊張が鈍く、なかなかパフォーマンスを発揮できないということはありませんか?

 

 

もちろん、闘争心を高め過ぎると、ストレスになりますので、スポーツの際に冷静な判断が必要なところでミスをしたりすることがあります。

 

 

オナニーを適度にして、副交感神経を活発にすることはパフォーマンスを100%以上引き出す事になり得ます。

 

 

筋肉バキバキ

 

 

オナニーを適度にするということはスポーツでのパフォーマンスを高める鍵になることもあります。まあ、しなくてもいいって人もいらっしゃるとは思いますが(^^;

 

 

「アルギニンサプリ」でオナニーの影響を限定的にする。

 

筋トレをしたり、スポーツをしたりということがあって、でもオナニーが止まらない…

 

 

なんとか適度に止めてほしいのですが、その努力をしている間にテストステロン量を戻す栄養を補うことでかなりましになります

 

 

僕も結構やってしまいがちなので…

 

 

特に何がよいかというと、まずは「アルギニン」です。

 

 

アルギニンをたくさん摂ることで、筋トレ後の筋肉づくり、精子づくり、そしてスポーツや筋トレの際のテストステロンパワーを出しやすくなります。

 

 

なぜか?

 

 

それはアルギニンが「たんぱく質」をつくるおおもとの成成分だからです。

 

 

アルギニンがたんぱく質の80%を占めます。

 

 

成長ホルモンはたんぱく質です。

 

 

テストステロンはコレステロールからできますが、コレステロールの合成、テストステロンの合成を命令する性腺刺激ホルモンはたんぱく質です。

 

 

筋肉をつくる筋肉細胞の主要な成分はたんぱく質。精子もたんぱく質。

 

 

そして、血液から、体液まで、たんぱく質。

 

 

アルギニンを摂ることで、生理活性され、新陳代謝が進み、筋肉のダメージ修復、負荷への対策(筋肉増強)、精子、精液の合成などがスムーズに進んでいくのです。

 

 

筋トレ効果を無駄なくするために、筋肉のダメージ修復と筋肉増強を命令する栄養としてアルギニンがたっぷり入ったサプリを摂り、筋肉の直接的な材料となる、動物性たんぱく質豊富なプロテインを確保することです。

 

 

おすすめのアルギニンサプリを掲載します。

 

 

大容量のアルギニンに、スポーツに疲れた体の修復に加え、筋肉、骨をつくるための栄養がしっかり確保されたアスリートのためのアルギニンサプリ。

L-アルギニン5000プラス


★アルギニン大容量。アルギニンは多く摂っても問題ない成分です。むしろ体作りには1日30,000㎎くらいまでとれば…って話もあるんですが、ただそこまで行くと下痢など1つの成分を大量に摂ったことによる身体の調整機能が働くかもしれません。


★アルギニン 5000mg、シトルリン 200mgはスポーツによる疲労回復、身体作りにはちょうど良い量だと思います。クエン酸がしっかり中和してくれるので胃にやさしく、毎日飲んでも安心です。


★身体の疲労は酸化です。酸化を癒す抗酸化成分、ビタミンC、ビタミンEをしっかり入れています。


★骨をつくるのに必須とされるビタミンDにカルシウムも入ります。アルギニンとの組み合わせで、強い骨をつくる栄養の組み合わせもバッチリ。


★プロテインとの組み合わせするとより効果の高さを感じやすいです。


主成分1包13g
エネルギー36kcal、炭水化物4g、プロテイン5g、L-アルギニン5000mg、L-シトルリン200mg、D-リボース100mg、ビタミンC (アスコルビン酸)485mg、ビタミンD-3(コレカルシフェロール)400IU、ビタミンE (酢酸トコフェノール)200IU、ビタミンB-2(リボフラビン)6mg、ビタミンB-3 (ナイアシン)20mg、葉酸400mcg、マグネシウム(硫酸マグネシウム)100mg
【その他の成分】
マルトデキストリン、クエン酸、キシリトール、ナチュラルフレーバー、リンゴ酸、ステビア、ケイ酸カルシウム、二酸化ケイ素,ヒドロキシプロピルセルロース


評価:星4
大用量のアルギニンを安全に摂り込めるようしっかり配慮されています。
アルギニン以外にも、スポーツに疲れた体の修復に加え、筋肉、骨をつくるための栄養がしっかり確保されています。
HMBサプリはトレーニング効率を上げますが、こちらも筋肉修復に全力を尽くすので、どちらをやるか悩ましいところです。
当然こちらのほうが幅広くスポーツに会いますし、精力剤としても秀逸です。
しかし純アルギニンを大量に配合するとちょっと価格に跳ね返ってきますね。


「L-アルギニン5000プラス 」の公式ページで詳細を見る。

 

 

ハイブリッドなアルギニンサプリ。実感力に関わる亜鉛、シトルリンも大きく確保。精力アップだけでなく、身体作り用のサプリとしてもおススメ!

バイタルアンサー

★「体力不足」「精力アップ」「勃起力アップ」「男性の活力不足」からの脱出に最適な強力アルギニンサプリメント。
サプリのアルギニンの含有量はマカ、クラチャイダムの数十倍となります。
1日あたりアルギニン1600mg、亜鉛20mg、シトルリン500mgと、精力剤・サプリが含有する同成分量ではトップと言ってよい分量となっています。


★身体作り、精力アップに欠かせない、アルギニン以外の代謝成分、必須アミノ酸、ビタミンB群などをしっかり配合。


★雑成分は一切含まれない。精錬された成分のみで構成される安全性、吸収性の高さが売り。栄養吸収力の弱った男性の服用に特に適しています。


★すべての工程で安全性を定めたGMP認定、有機JAS認定を取得した大手製薬会社の国内工場に委託。厳しい品質管理基準を設けています。


返金保証があります。着荷後14日以内にメール連絡、20~30日以内での返品発送にて受理されます。


評価:星4
アルギニン、シトルリン、亜鉛の分量がとても多いです。
また、身体にすんなりと吸収するピュアなアミノ酸、ビタミン、ミネラルを配合しています。
ハーブとしてはテストステロンの分泌をサポートするというトンカットアリ、ソフォンを大用量配合。
身体作り、スポーツなどからのダメージ回復はもとより、精液、勃起、性欲などの向上にもおすすめの濃さ。
身体作りには毎日摂るようにしましょう。もちろん、精力向上のために使いたい方も同様。


「バイタルアンサー」の公式ページで詳細を見る。

 

 

筋トレする人は、さすがにプロテインくらいは使っていると思いますが、お勧めのものを掲載しておきますね。

 

 

筋肉を大きくするなら、動物性たんぱく質、牛乳由来の「ホエイプロテイン」でないとなかなか効果が見込めません。

 

 

尚、シェイプアップする場合は、植物性のたんぱく質、大豆由来の「ソイプロテイン」でないといけません。

 

 

用途を間違えないようにしてくださいね。

 

 

国内で最も売れている、筋肉増大用のホエイプロテインです、


ザバス ホエイプロテイン100

 

 

バイタルアンサーは亜鉛、シトルリンが多く、特に精液の回復にも向く成分構成となっています。

 

 

オナニーを良くしてしまう、という人は、昼間のパフォーマンスを維持するためにバイタルアンサーを毎日飲んでおく、というのも良いかと思います。

 

 

「テストステロンブースター」では筋トレ効果のアップと精液の合成の両立はできないか

 

テストステロンの分泌を引き上げるサプリとして、「テストステロンブースター」があります。

 

 

日本で最も今アツいテストステロンブースターはHALEOというアメリカの会社が開発した「LJ100」というトンカットアリエキスがほぼ100%成分のサプリでしょう。

 

 

日本では、ボディプラスインターナショナルという、カナダ人の方が運営するサプリメント販売会社が扱っていて、日本で販売されるものは日本国内で製造されているので安全性は高いです。

 

 

トンカットアリには「ユリペプチド」という成分があり、これがテストステロンの合成を引き出す成分です。

 

 

しくみとしては、ユリペプチドが持つCYP17A1(シトクロムP450)という物質がステロイドホルモン(テストステロンもステロイドホルモン)、やステロイドホルモンのもととなるコレステロールを合成する酵素を増加させるのですね。

 

 

トンカットアリは筋トレと組み合わせると、テストステロンの増加を倍々に促す増上効果が期待できるわけです。

 

 

「LJ100」は非常に評判のよいテストステロンブースターです。

 

バルクスポーツ LJ100 80カプセル
LJ100は精力的な男性をサポートするトンカットアリエキスを配合。
マレーシアなどの熱帯雨林に育ち、古くから現地の方に利用されてきた植物ロングジャック(LJ)から抽出しており、バイタリティあふれてエネルギッシュな毎日をサポート。
アルコールを使用しない特許BAT抽出法を用いて濃縮し、フリーズドライで乾燥させているから高品質で安定した製品。
トンカットアリ(ユリペプチド)含有量は1カプセル100㎎、100倍濃縮らしいです。


LJ100


原材料:トンカットアリエキス ゼラチン 結晶セルロース


 

口コミ:amazonから引用

テストステロンを引っ張り出すものと捉えて良いかと思います。とにかく元気に、ついでにあっちも元気になります。
高いけど効果ははっきり出ます。
朝と筋トレ前にクレアボルと一緒に飲んでいますが、持久力が違うのと筋肉が付きやすくなります。
結局これを飲めば流行りのファー○○マッスルと同じと考えられます。
そうしますと、こちらの方が安い!

 

こりゃすごい、正直そう思います。50歳過ぎて男性機能がだいぶ衰えていましたが10年は時間が戻ったみたいな感じです。純粋にトレーニングによる筋肉増強の為に購入しましたが、うれしい副産物付きでした。もう少し安ければもっとイイかな。

 

アラサーで既に男性機能の低下を感じていたので、トレーニングの効果アップついでになんとかならないかなーと試してみました。
朝晩1カプセルずつ飲んで5日程経過したら効果を実感できました。朝立ちが確実に来ます。
性欲が増すとか、絶倫になるみたいな効果は感じませんが、朝立ちが復活してるので効果はあるのだと思います。トレーニング効果については特に何も感じませんが…

 

 

ただ、筋肉細胞をつくったり、精液の合成をするとなると、やはり成長ホルモンや性腺刺激ホルモンなどのたんぱく質ホルモンや、細胞や精子のベースとなる栄養の「アルギニン」「亜鉛」も多く摂りたいです。

 

 

僕はアルギニンサプリ、テストステロンブースター、予算的にどちらかしかできなければ、オナニーによる影響の補填のためにはアルギニンサプリを選びます。

 

 

ただ、「LJ100」にプロテイン、質の良い亜鉛とアミノ酸類が豊富な「牡蠣サプリ」を合わせれば、かなり新陳代謝が加速されて、互角になるかなと思います。

 

 

牡蠣サプリ「海乳EX」はマジで安いのに精液が戻ります。ビール酵母が入っているのが大きいですね。

 

 

国内の牡蠣の産地では最も有名な広島県江田島の大粒の牡蠣を使用。1日100g分の牡蠣の成分をしっかり摂れる高品質。しかもお手頃。

海乳EX


★日本で最も牡蠣の水揚げ量が多い、広島県は江田島の牡蠣を使用。1袋155個分の牡蠣の栄養素が入ります。


1日の亜鉛摂取量は12mgで、厚生労働省が推奨する1日の栄養摂取基準に沿っています。


★牡蠣はヒトの体を作るアミノ酸をはじめ、亜鉛やタウリンなどを含む、40種類もの栄養をもち、肝臓をサポート。大きく代謝を促進して、男性の元気を回復。


精子、精液の材料となる亜鉛、アルギニンが豊富。


超栄養価が評価される「ビール酵母」を配合してします。ビール酵母はビールを絞った後の「酒粕」ですが、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルがたくさん含まれ、医薬品としても加工されているほどです。牡蠣との相乗作用、精子、精液の効率製造効果が見込めます。


★通常価格は1900円税抜き。さほど高くはないです。定期便は最初の1回はお試し税込980円。2回目以降は税込1949円です。


評価:星4
天然牡蠣エキスの精力剤。
亜鉛が多いだけあって朝のスッキリ感は相当なもの。下手な精力剤より上かもしれません。
まあ、でもアルギニンなどが多い精力剤は長く続けるごとに持久力がついていく感じで、牡蠣には回復感はありますが、粘り強さはつかない感じです。
そこがアルギニンやシトルリンを重視した精力剤と比較すると違うところかなと。
アンチエイジングや妊活などを目的とするなら、マカなども入っているほうがよいと思いますね。
亜鉛だけのサプリだと体に合わない人も少なくないと思いますし、吸収されずに体外に流れてしまう量も多いです。
そこで牡蠣がおすすめです。
牡蠣を食べることを考えるとコスパは相当なものだと思います。


「海乳EX」の公式ページで詳細を見る。

 

 

精液がカラカラになったら、定量の2倍程度飲むのがおすすめ。

 

 

次の日の体力ダメージはかなり回復しています。

 

 

尚、定量の2倍は亜鉛24mgになりますが、「海乳EX」の亜鉛摂取上限は100㎎(注意書きがあります)なので、大丈夫です。

 

 

ただし、毎日24mgは摂らなくてもよいですよ。

 

 

肉なんかを多く食べる人は亜鉛を摂れている場合が多いですしね。問題はないですが、勿体ないですしね。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。