毎日射精しても問題はないが、あえて毎日しなければならないこともない。

こんばんは、ダイスケです。

 

 

僕たちの運営するホームページに「射精は毎日したほうがいいのか」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそのことについて書いていきます。

 

 

射精を毎日するというのは、オナニーを毎日するということなわけですけども、毎日射精するということが普通のことだと思いますか?

 

 

普通のことではありませんよ~(;´Д`)。世間的には、多分ね。

 

 

いや、別にしても問題はないんですけどね、あえて毎日しなければならないということはありません。

 

 

毎日射精はできるけども精液を満タンにするなんて体の機能がついてきていない。

 

よくTVのニュースで「恋のシーズン」とかで動物の発情期の報道をすることがありますけども犬も猫もけっこう高等な哺乳類さえ、発情期を持つ動物はいます。

 

 

ですが、人間にはありません。四六時中セックスすることが可能です。

 

 

霊長類は発情期というものが基本ありません。

 

 

進化しているのです。

 

 

発情期

 

 

それでも猿ごとに違いはあります。

 

 

チンパンジーなどでは、発情周期約4週間ぐるぐる続きますが、そのう10日間が発情期です。これは比較的発情期がしっかりしています。

 

 

しかし、ボノボに至っては、「疑似発情」状態にあって、いつでも交尾できる状態にあるということです。

 

 

さらに、人間は発情を理性でコントロールする能力をもつわけです。

 

 

この能力が、文明を築く、という大きなことを成し遂げる原動力のひとつとなったであろうことは想像に難くないことです。

 

 

人はほかの動物と違って、毎日性欲を湧かせて、毎日射精することはできるのです。

 

 

しかしながら、発情期があるのは普通で、かつて人も発情期があったことは違いありません。

 

 

常時、精液を簡単に満タンにしている、というところまではいっていないのです。

 

 

精子、精液を貯めるスピードには限界があるのです。

 

 

毎日1回射精することは、この毎日の精子、精液を作る量をやや上回る量を射精することになってしまうのです。

 

 

射精一度あたりの射精液が含む精子数は個人差が大きいものの、通常1億 - 4億程でといわれています。その反面、1日に作られる精子の数は5000万 - 1億程とされています。

 

 

(参考:wikipedia 射精

 

 

具体的に精液を見ずとも、精子数だけ見ても、1回の射精量に1日では生産量が追いつかないのがわかります。

 

 

射精は一度きりの射精では無くなりはしませんが…

 

射精で出される精液は、射精の直前に、前立腺で作られる「前立腺液(ぜんりつせんえき)と「精嚢液(せいのうえき)」が混合されたものですが、一度の射精ですべてはなくなりません。

 

 

満タンの状態から、性的刺激の大きさによって、実際に射精量が決められます。

 

 

刺激が大きければ大きいほど、受精する相手の卵子も準備がより整っていると判断され、精液量、充填される精子の量が多くなります。

 

 

ただし、もともとの満タンの前立腺液、精嚢液、精子の量は同じなので、1回目に放出される精液の量が多くなれば、2回め、3回目の放出量は少なくなります。

 

 

射精

 

 

そして次第に「空撃ち」状態となり、勃起もできなくなっていきます。

 

 

また、年齢や健康度合によって、充填される精液の量や、精子の「活き」もまったく違ってきます。

 

 

性交の目的としては「受精」のためですので、受精するのに必要な射精量を1回目に確保しようとします。(ただ、数日も射精していなければ、1回目の精子は活きが落ちているため、2回目の精子のほうが受精させやすいといわれます。)

 

 

よって、1日の射精できる限界の回数は年齢や「健康度合によって」は2、3回が限度になります。(若ければ6回でも7回でもなんとか行ける、という人もいますよね。個人差があります。)

 

 

精液、精子を作るとなると、男性ホルモンであるテストステロン量によって決まります。

 

 

テストステロンは年齢、体調などにより、分泌量が大きく違ってくるので、精液の充填量は大きく変動します。

 

 

毎日代謝して、再生産もされるわけので、毎日のストック量が変動するのです。

 

 

毎日射精すると、射精した分はすべて充填されるか?と思えるのですが、残念ながら、人間の体はまだそこまでは発達してないようで、たった1日では放出した前立腺液、精嚢液、精子をもどすことはできません。

 

 

一度のセックスで2度3度と射精し、カラカラの状態にすると前立腺液、精嚢液、の補充は3、4日はかかります。

 

 

1日置くくらいでは、普通は何とか射精できるようになるレベルです。

 

 

経験ないですか?カラカラにしたあと置くと、1日後では射精できるレベルにはなっていますが、勃起が不完全になりますよね。

 

 

精巣が痛いとかね。鈍い腰痛がするとかね。

 

 

まだ精子が全然不十分なのに、無理矢理に精管に吸い上げようとするため、痛みがでるわけです。

 

 

筋肉を鍛え続けることでは筋肉は成長しない。

 

このようなことを前提として、毎日オナニーなりセックスして射精するとなると以下のような弊害があります。

 

 

  • 精液量が十分用意できず、性的快感、刺激を得る量が減る。
  •  

  • 射精量が減り、精子の充填量が少なくなることがずっと続くことになる。
  •  

  • 充分勃起できない、射精量が十分でない状態が常態的になる。

 

 

これは当たり前のことですよね。

 

 

上にも上げましたが、1回の射精で放出される精子の数は1日に作られる精子の数より多くなります。精子量、精液量がジリ貧になっていくのです。

 

 

このため、射精を毎日すると、強くギンギンに立たせるといったようなことがだんだん苦しくなってきます。

 

 

だんだん彼女が勃起の勢いがなくなっていくのに気づくかも…というレベルになっていってしまいます。

 

 

毎日射精した分が、毎日満タンになればいいのですが、普通にしていてはなかなか無理があるということを念頭に置いておきましょう。

 

 

そして、もしペニス増大を目指しているなら、毎日の射精は増大には妨げになります。

 

 

筋肉が十分な休息と、大きな負荷が成長の条件となるように、ペニスも十分な精液のストックと、大きな快感による最大勃起が成長の条件となるからです。

 

 

ペニスは筋肉とは違いますが、筋肉と成長条件がとても良く似ているのです。

 

 

毎日射精することは体に問題なく、むしろ生殖機能を鍛え、若さを保つことにはなる

 

では、毎日射精するのは体によくないのか…そういうわけではありません。

 

 

射精することで、精液はリフレッシュされ、精子の受精力が上がります。

 

 

また、テストステロン、精子、精液を合成する生理機能の能力を保つことになります。

 

 

人間の体は、生殖機能も含め、ある程度使うほうが衰え、つまり老化を抑えることができるのです。

 

 

ただし、これはある程度、です。筋肉も酷使しすぎると痛めます。

 

 

生殖機能も酷使しすぎると精液が溜まらずに、勃起に支障が出たりしますからね。下半身に力が入らなくなったり。

 

 

でも毎日1回射精程度では生殖機能はダメ-ジを受けたりしません。

 

 

毎日射精をしたいなら、アルギニン、亜鉛を多くとるようにすることが大事です。

 

毎日1回射精するくらいであれば、しっかり栄養を摂って、しっかり眠ればかなりいいとこまで戻るでしょう。(年齢、体質などで個人がありますが、平均的には、です。)

 

 

栄養をしっかり摂りながら、たまに休みを入れれば、ジリ貧状態はストップできます。

 

 

精子、精液の材料で最も重要なのは、アルギニン、亜鉛の2つです。

 

 

精子はたんぱく質です。たんぱく質を形成するアミノ酸の中では、最もアルギニンを多く使います。

 

 

そして、亜鉛やビタミンB、他のアミノ酸などを使い、たんぱく質ホルモンを作り、テストステロンを介して、その命令をもとに精子を作るたんぱく質を合成するのです。

 

 

また、精液の主成分は果糖と亜鉛です。

 

 

果糖は精子のエネルギー源となり、亜鉛は精子を保護する役割があります。

 

 

アルギニンと亜鉛を中心にした栄養を摂れば精子、精液の合成が早くはなります。

 

 

年を摂ると、実質的にセックスの回数がこなせなくなっていきますし、精液の量も濃さも落ちてきます。

 

 

これは生理機能が衰えてくるからしかたありません。

 

 

でも、やはり精子、精液の材料が潤沢にあれば、精子、精液の合成は活発にはなるのです。

 

 

「射精をする」 ⇒ 「栄養を十分に補給する」 この繰り返しは精力を強くします。

 

 

アルギニン、亜鉛を十分に含む精力サプリメントを摂りたいところです。

 

 

ただ、価格が張りますよね。

 

 

安価なところでは「牡蠣」サプリ「海乳EX」がお勧めです。

 

 

牡蠣は最も亜鉛の多い天然素材で、動物なのでアルギニンを筆頭に必須アミノ酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富な精子、精液製造の強化に最適な素材です。

 

 

ビール酵母が入っているのがよいところです。牡蠣エキスとビール酵母の組み合わせは精液にダイレクトに跳ね返ります。

 

 

寝る前に1日分でも牡蠣サプリ摂るとなかなかに翌朝の寝起きの爽快感と下半身の充実が違います。

 

 

精液をもとすには2日分くらいを摂るのがお勧め。亜鉛24mgになりますが、摂取量的な問題はないです。実際僕はちょっと頑張った翌朝は飲んでます(^^;)

 

 

海乳EX

 

 

メーカーの亜鉛摂取制限量は100㎎。そこまで摂る必要はありません。

 

 

摂り過ぎれば一時的に中毒症状になる恐れもあり、また体外に流してしまいます。

 

 

せいぜい2日分というところだと僕は思います。

 

 

おススメの「海乳EX」の詳細を掲載します。

 

 

また、その下にはアルギニン、亜鉛ともにMAX量で摂れ、尚且つ安全性の高い精力サプリ「バイタルアンサー」の詳細を掲載しておきます。

 

 

アルギニン、亜鉛、シトルリンの質と量は右にでるものはありません。

 

 

アルギニン、シトルリン量を毎日摂れることでは、身体の酸化を遅らせることになり、体力アップ、生理機能のアップにつながります。

 

 

精液製造力の底上げにもつながるということです。

 

 

 

※厚生労働省推奨量の亜鉛が摂れ、且つビール酵母を追加。精液製造には最適な内容。

 

国内の牡蠣の産地では最も有名な広島県江田島の大粒の牡蠣を使用。1日100g分の牡蠣の成分をしっかり摂れる高品質。しかもお手頃。

海乳EX


★日本で最も牡蠣の水揚げ量が多い、広島県は江田島の牡蠣を使用。1袋155個分の牡蠣の栄養素が入ります。


1日の亜鉛摂取量は12mgで、厚生労働省が推奨する1日の栄養摂取基準に沿っています。


★牡蠣はヒトの体を作るアミノ酸をはじめ、亜鉛やタウリンなどを含む、40種類もの栄養をもち、肝臓をサポート。大きく代謝を促進して、男性の元気を回復。


精子、精液の材料となる亜鉛、アルギニンが豊富。


超栄養価が評価される「ビール酵母」を配合してします。ビール酵母はビールを絞った後の「酒粕」ですが、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルがたくさん含まれ、医薬品としても加工されているほどです。牡蠣との相乗作用、精子、精液の効率製造効果が見込めます。


★通常価格は1900円税抜き。さほど高くはないです。定期便は最初の1回はお試し税込980円。2回目以降は税込1949円です。


評価:星4
天然牡蠣エキスの精力剤。
亜鉛が多いだけあって朝のスッキリ感は相当なもの。下手な精力剤より上かもしれません。
まあ、でもアルギニンなどが多い精力剤は長く続けるごとに持久力がついていく感じで、牡蠣には回復感はありますが、粘り強さはつかない感じです。
そこがアルギニンやシトルリンを重視した精力剤と比較すると違うところかなと。
アンチエイジングや妊活などを目的とするなら、マカなども入っているほうがよいと思いますね。
亜鉛だけのサプリだと体に合わない人も少なくないと思いますし、吸収されずに体外に流れてしまう量も多いです。
そこで牡蠣がおすすめです。
牡蠣を食べることを考えるとコスパは相当なものだと思います。


「海乳EX」の公式ページで詳細を見る。

 

 

※アルギニン、亜鉛ともにMAX量で摂れ、尚且つ安全性の高い精力サプリ「バイタルアンサー」の詳細を掲載します。

 

ハイブリッドなアルギニンサプリ。実感力に関わる亜鉛、シトルリンも大きく確保。精力アップだけでなく、身体作り用のサプリとしてもおススメ!

バイタルアンサー

★「体力不足」「精力アップ」「勃起力アップ」「男性の活力不足」からの脱出に最適な強力アルギニンサプリメント。
サプリのアルギニンの含有量はマカ、クラチャイダムの数十倍となります。
1日あたりアルギニン1600mg、亜鉛20mg、シトルリン500mgと、精力剤・サプリが含有する同成分量ではトップと言ってよい分量となっています。


★身体作り、精力アップに欠かせない、アルギニン以外の代謝成分、必須アミノ酸、ビタミンB群などをしっかり配合。


★雑成分は一切含まれない。精錬された成分のみで構成される安全性、吸収性の高さが売り。栄養吸収力の弱った男性の服用に特に適しています。


★すべての工程で安全性を定めたGMP認定、有機JAS認定を取得した大手製薬会社の国内工場に委託。厳しい品質管理基準を設けています。


返金保証があります。着荷後14日以内にメール連絡、20~30日以内での返品発送にて受理されます。


評価:星4
アルギニン、シトルリン、亜鉛の分量がとても多いです。
また、身体にすんなりと吸収するピュアなアミノ酸、ビタミン、ミネラルを配合しています。
ハーブとしてはテストステロンの分泌をサポートするというトンカットアリ、ソフォンを大用量配合。
身体作り、スポーツなどからのダメージ回復はもとより、精液、勃起、性欲などの向上にもおすすめの濃さ。
身体作りには毎日摂るようにしましょう。もちろん、精力向上のために使いたい方も同様。


「バイタルアンサー」の公式ページで詳細を見る。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。