僕がゼファルリンを選んだのは決済方法の事情から…

ゼファルリンは決済方法が豊富で便利

ダイスケです。

 

 

僕が「ゼファルリン」を選んだのは決済方法が豊富だったからです。

 

 

本当はリゼノールを試してみたかったんですが、マサキさんに取られました。笑(-∀-`; )

 

 

でも、リゼノールは決済方法が代引きしかありませんから、そこは不便です。

 

 

ゼファルリンは決済方法が豊富です。

 

 

また、決済方法が豊富ということは信頼の証でもあるので、ゼファルリンは実はリゼノールよりも当たりなのかもしれないと思ってゼファルリンにしたんです。

 

 

ゼファルリンは60種類もの原料を使っている!広告の表現は控えめ…

 

ゼファルリンは60種もの原料をつかっています

ゼファルリンは公式ページにシトルリン、トリプトファンのほか30種類以上の豊富な成分を含むと書いてありますが、実際はそれよりもっと多いです。

 

 

数えたら60種類の原材料をつかっていました。

 

 

広告に欲無さすぎです。(´Д`υ)

 

 

リゼノールには及びませんんが、1種類の成分が多く含まれていて、サプリメント1粒当たりの分量がリゼノールより多いので、安心感があります。

 

 

それでも原材料の種類では負けているのに、リゼノールよりやや高いというのがちょっと厳しいところですよね。

 

 

気がつけば、僕もマサキさんに嫉妬して、ゼファルリンがリゼノールに勝っているとことか探すわけですが、勝っているのは、梱包材の大きさと、決済のしやすさとサプリメント分量、また、完全なる日本製というところくらいかなあ。

 

 

これで「作用が勝っています」といいたいところですが、体質がマサキさんと僕が同じなわけないので、そのあたりは正直わかりません。

 

 

でも、僕もマサキさんほどの伸びではありませんが、大きくはなったのでゼファルリンは十二分にお勧めのペニス増大サプリメントですよ。

 

 

ゼファルリンの成分を全部書き出します。

 

ゼファルリンの原材料を全部書き出します。きっちり60種類ですよ汗。

 

 

ゼファルリンの成分

 

錠剤 L‐トリプトファン含有加工食品

 

原材料:セルロース、ステアリン酸Ca、L‐トリプトファン、L‐イソロイシン、L‐ロイシン、L‐バリン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、シェラック、デキストリン、還元麦芽糖水飴、アカガウクルア末、ムクナエキス末、エゾウコギ末、アムラ乾燥エキス、雪蓮花エキス末、ノコギリヤシ種子エキス末、ボスウェリア抽出物、ワイルドヤムエキス末、ブドウ種子抽出物、黒胡椒抽出物、メチルスルフォニルメタン、キャッツクロー末、トンカットアリエキス末、スーマ(パフィア)エキス末、大棗(ナツメ)抽出物、ヒハツ抽出物、ニーム葉エキス末

 

 

カプセル L‐シトルリン含有加工食品

 

原材料:デキストリン、ゼラチン(被膜)、L‐シトルリン、L‐オルニチン塩酸塩、まむし末、蜂の子FD末、すっぽん末、有機マカ粉末、亜鉛含有酵母、朝鮮人参末、冬虫夏草菌糸体、ガラナ末、牡蠣エキス末、田七人参末、ローヤルゼリー末、さけ白子抽出物、ウコン末、クロム含有酵母、ラカンカ末、イチョウ葉抽出物、セルロース、ステアリン産Ca、L‐アルギニン、L‐アスパラギン酸ナトリウム、L‐リジン

 

 

 

ゼファルリンも多分「細胞組織再生学」を応用していると思う

 

ゼファルリンも細胞組織再生学の理論から生まれた?

ペニス増大の考えかたは多分「リゼノール」と同じでしょうね。

 

 

おそらく「リゼノール」に使われているの「細胞組織再生学」の理論をゼファルリンも使っていると思いますね。

 

 

成分構成が「リゼノール」そっくりですから。

 

 

成分はリゼノールより少ないけど。

 

 

なお、細胞組織再生学は

 

 

成長ホルモンを増幅させ、ペニスの海綿体細胞に作用させて、海綿体細胞組織を増殖させてしまおうというものです。

 

 

平常時のペニスの大きさそのものを大きくしてしまう、現代のペニス増大理論の最先端を行きます。

 

 

ゼファルリンはその最先端の理論に基づいた、成分調合をされているもの思われます。

 

 

ゼファルリンは、開発も、製造も日本製だとされています。

 

 

「リゼノール」を模して作ってあるのだとは思います。

 

 

同じく細胞組織再生学にもとづいた、成長ホルモンの分泌に関わるとされる「GHリリーザー成分」を作用させて増大に結びつけることが目的の、増大サプリ

 

 

「ベクノール」「ライゼックス」も開発元が同じだと考えられます。

 

 

もちろん、これらのサプリも製造は日本国内ですが、成分が「ゼファルリン」とは全然違うんですよね。

 

 

「ゼファルリン」はどちらかというと、「リゼノール」に本当に近い内容の増大サプリですね。

 

 

「ゼファルリン」の公式ページで詳細を見る。

 

 

ゼファルリンによる僕の実績

 

ゼファルリンでの僕の増大実績は…

僕の場合、5ヶ月で約6cmほどサイズアップしました。

 

 

僕は毎月同日にサイズを測ってメモっていた奇特な人ですが、結果それはモチベーションのアップにつながりました。

 

 

結果は以下の通りです。意外とコンスタントに伸びていますが、マサキさんよりは伸びてません。・・(・∀・i)タラ

 

 

もともと僕はマサキさんよりは背が大きいですし、アソコもちょっと大きいですからね。

 

 

比べられません。

 

 

ゼファルリンの使用経過

 

 

経過期間 サイズアップ内容
最初の1か月 10.5cm → 12.3cm
2か月 12.3cm → 13.1cm
3ヶ月 13.1cm → 14.5cm
4ヶ月 14.5cm → 15.3cm
5ヶ月 15.3cm → 16.0cm

 

 

ところで、ゼファルリンの場合、公式サイトに体験者報告がありませんので、他の方の状態がどうなのかがわかりません。

 

 

いや、実は少し前、多分1年くらい前には載っていた記憶があるんですが、いつのまにか撤去されているので、引用したくてもできないんです。(´д`ι)

 

 

多分、薬事法に気を割いているんだと思いますけど、体験談はあくまでも第3者の声ですから、掲載しても誇大広告などとして薬事法には抵触しません。

 

 

なのに、ゼファルリンの公式サイトはそのあたりの知りたいところが軒並み削られているようです。

 

 

勿体ないなあと思うんですが、そこはくそ真面目なところとしてむしろ評価できるのかもしれません。

 

 

ゼファルリンはまとめ買いしないと勿体ない

 

ゼファルリンは定期便よりまとめ買い!

ゼファルリンは決済方法が豊富なのですが、当然、クレジットを駆使してまとめ買いしたほうがよいですね。

 

 

ゼファルリンも定期便をやってますが、ゼファルリンはまとめ買いをするとかなり安くなります。

 

 

正直、違いすぎて、まとめ買い引きすぎやろ!と思うくらい。

 

 

どうせ続けなくちゃいけないんなら、まとめ買いしないと勿体ないくらいです。

 

 

はっきり言っておきますが、ペニス増大サプリメントの場合、どれほど続ければ達成すべき目標に到達するかは始めてみないとわかりません。

 

 

なので、最初にまとめ買いするのは不安があるでしょう。

 

 

効かなかったらどうしよう。途中止めするなら無駄なんじゃないのか、とか。

 

 

でもサプリは半年は続けることを目安に考えるべきです。

 

 

これは育毛サプリだろうが、酵素サプリだろうが同じです。

 

 

人間の身体の新陳代謝のサイクルは半年程度だからです。

 

 

精力増進、健康増進サプリとしても実力は大きいので、損はありません。

 

 

僕はクレカの分割払いでまとめ買いするのがお勧めです。

 

 

5箱目以降は一律1箱8,000円になります。

 

 

随分安くなりますよね汗。

 

 

5箱目以降はリゼノールより安くなってしまうんですよ。

 

箱数 まとめ買い価格 定期便価格 差額
1箱 13,800円(税込) 13,800円(税込) 0円
2箱 23,800円(税込) 24,800円(税込) 1,000円
3箱 33.000円(税込) 35,800円(税込) 2,800円
4箱 41,100円(税込) 46,800円(税込) 7,700円
5箱 49,400円(税込) 57,800円(税込) 8,400円


※まとめ買いの5箱目以降は8,000円(税込) 定期便価格は11,000円(税込)

 

 

「ゼファルリン」を特にお奨めしたい人

 

  • 元気が出ない、活力が出ない男性全般
  •  

  • 陰茎の勃起時のサイズと固さを改善したい男性。
  •  

  • 平常時のサイズも大きくしたい人
  •  

  • セックス時の快感をアップさせたい人
  •  

  • 勃起力アップ効果の実感を待てる人(少なくとも1ヶ月程度は。)
  •  

  • 便利で多種な決済方法を求める人

 

 

「ゼファルリン」がお奨めできない人

 

  • 常用薬があり、医師にサプリメントの併用を止められている人(医師の判断による)
  •  

  • 返金保証が必要な人。返金保証はありません。

 

評価:星3
発売からもうずいぶん経っています。大きなリニューアルがなく、古さは否めないですね。僕でも今は新しいのを選びます…(*_*)

 

「ゼファルリン」の公式ページで詳細を見る。

 

ペニス増大サプリを飲み始めたら、トレーニングは必須ですよ。


ダイスケです。



増大サプリは、それこそ飲むだけでも、成長ホルモンの分泌量が増えるように、微妙な成分調合をされているものです。



ですから、飲み続けているだけでも、成長ホルモンの分泌量は大きくなり、少しづつ成果が上がっていくことは見込めると思います。



でも、そのままただ飲むだけででは、ムダに他に使われてしまう成長ホルモンも多いのです。



成長ホルモンと男性ホルモンをペニスに集中させようと意識することで、ペニスの成長速度が全くと言っていいほど違ってくるものです。



それほどトレーニングは重要なものなので、かならずトレーニングはするようにしましょう。



増大トレーニングの意味とは


増大トレーニングの意味とは



「栄養素により自力分泌量が増幅した成長ホルモンを、筋肉や髪、体毛などの身体の他の箇所に使われてしまうことなく、ペニスに集中させる」



ことです。



そのままトレーニングをしなければ、せっかく成長ホルモンの分泌量が増えても、わずか3%しかペニスに作用せずに、他の部分、筋肉、体毛、毛母細胞、ヒゲ…などに使われてしまうのです。



せっかく頑張って分泌させた成長ホルモンと男性ホルモンを無駄なく増大に使うため、以下のことを徹底して行いましょう。



尚、トレーニングはできるだけ就寝前が良いでしょう。



成長ホルモンの分泌量が、眠りに落ちて90分程度で最大化するためです。



トレーニングの余韻により、成長ホルモンがペニスに充てられやすくなります。



サプリはできる限り「トレーニング30分以上前」に飲みましょう。



サプリは、30分程度で消化され、体内に摂り込まれます。



男性ホルモンの分泌成分も、1時間以内に栄養素として使われ始めます。



特に「シトルリン」の血行促進作用は飲んで30~1時間程度で始まるので、そこを狙ってトレーニングするとよいでしょう。



シトルリンが作用している間は栄養だけでなく、成長ホルモンのめぐりも活発になるのです。(成長ホルモンやテストステロン、他内分泌型ホルモンは血管を通して伝わるため。)



実際のトレーニングはどのようなことをするのか


以下のことを意識してトレーニングします。



勃起トレーニング

  • 最大限に勃起させること

  • 自慰行為だが、射精せずに寸止めして、成長の必要性を脳下神経に感じさせる。(最大限の快感を得るセックスであれば、射精してかまわない。)

  • 自慰行為での射精は、サプリを飲んでいる間できる限り控える(精液を出し過ぎると、最大限に勃起できないため)

  • 勃起を強く、長時間持続させる


筋力トレーニング


  • ペニス周りの筋肉、下半身を、スクワットで鍛える。スクワットは、10回、2~3セット行う。

  • 壁に手をつき、かかとを上げたり下げたりするなどで下半身の筋肉を鍛える。かかと上げも10回、2~3セット行う。



他、股関節、足の筋肉を鍛えられるトレーニングなら、効果代大です。



男性ホルモンの分泌と、血液がペニスに集中されすいようにするため、下半身の血行を良くすることがポイントになります。



セックスはしてもOKです、ただし出しすぎない。


セックスはしてもいいですが、最高潮の快感を味わうために、最大に勃起させることを意識してします。



最大限に勃起させられないと、ペニスを大きくする必要はないと、脳下神経が判断してしまいます。



成長ホルモンをペニスに送り込むことをしなくなって、他に使われてしまう。



最大限に勃起できなくなる原因は、射精のしすぎです、



よって、最大限勃起できない、セックスでの射精のしすぎ、また、射精目的のオナニーの繰り返しは厳禁です。



射精の間隔は1日ごととか、3日ごとだと最大限に勃起させられなくなります。



大体1週間は開けないと、十分な精液量にはならないと思います。



大きくなるまでは出しすぎないよう我慢して、ストイックなトレーニングをしましょう。



セックスに近いかなり強力な快感を得られるものとして、アダルトグッズなんかを使うのも増大には効果的です。



ただ、ひたすら快感を追うものだけにその性能は進化しすぎました。これは弊害もあります。



実際のセックスよりも過激な映像を見ながら、これから体感するセックスでペニスに感じる快感以上の快感をグッズで快感してしまうと、本当のセックスで物足りず、心因的ED(勃起不全)や遅漏になりかねません。



くれぐれも快感に任せて射精しまくるのはまずいです。



精液不足では最大の勃起ができなくなるため、折角の成長ホルモンがペニスに作用しにくくなってしまいます。



上に上げたセックスと同じ事です。グッズでの自慰行為時も「最大の快感と勃起」を得られるように調整してください。



あと、大切なことがもう一点あります。



サプリの栄養はあくまで内分泌ホルモンの分泌、体調向上などに向けてのものです。



細胞を形成する直接的な栄養素ではありません。



細胞を増やすには、普段の食事で、質の良いたんぱく質を摂ることを特に心がけることが大切です。



脂肪分を落とした赤身肉などは、たんぱく質他、天然の亜鉛など多く摂れ、お勧めです。



※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

 

トップへ戻る