100種類を超える成分を持つ、新型の増大サプリ「リザベリン」

リザベリン広告

ダイスケです。

 

 

「リザベリン」100種類を超える成分を持つ、新型の増大サプリです。

 

 

パッケージには3種類のタブレット別に、合計120種類程度の成分記載がありますが、タブレット形成に必要な成分などはそれぞれかぶりますので、それらをまとめれば100種類弱となります。

 

 

素材の種類では先に発売している「バリテイン」、「ヴィトックスαエクストラエディション」に匹敵する成分の種類をもちます。

 

 

このサプリ、内容的には先に販売が終了している元祖100成分サプリ「リゼノール100E」の後継サプリといってよい位置づけなのではないかなと思います。

 

 

もちろん販売者は違いますし、進化の度合いもハンパありませんが。

 

 

ところで、この、素材を100種類以上使っているというところは、この増大サプリの本当の増大に対する「キモ」ではありません。

 

 

凄いのは最新の医療科学の技術を使った成分製法にあります。

 

 

7つもの特許製法を使った成分精錬にこだわり。多種、濃厚な成分がしっかり作用。

 

リザベリン1

基本的に「再生医療」の理論を応用しているということで、増大の考え方としては「リゼノール」によって広まった「細胞組織再生理論」が基礎だと思われます。

 

 

このサプリは再生医療技術の権威、テキサスメディカルセンターのウインタース博士により提唱された3種類の「活性」により増大を達成させることを目的としたものですが、その3種類の活性はそもそもサプリを構成する成分をいかに研ぎ澄ますかということが問題になったと思われます。

 

 

医療再生技術の進歩は日進月歩です。

 

 

各種特許技術技術を用いれば、理論の実現を可能とするサプリが作れる。と取り組まれ、最新の雑成分からの成分精錬技術と超濃縮の技術を駆使した結果、納得の出来として製品化したのが「リザベリン」だということです。

 

 

ちなみに3種類の活性というのは薬事法の問題がありますので詳しくは書けませんが、大まかにいうなら下記のことになるようです。

 

 

  • ペニス細胞の分裂回数の限界解除に酵素でアプローチ
  •  

  • ペニスの海綿体細胞等の組織内血流を増加させる
  •  

  • 人体各部位の大きさを制御するシグナル(成長ホルモン分配につながるシグナル)を強力発生させる栄養成分内容

 

 

もちろん、これらのことは他の増大サプリでも意識していることではありますが、「リザベリン」は

 

 

  • 天然由来成分から効果を損なわずに不純物を除去
  •  

  • ペニス増大成分だけを抽出するために27の特許技術を用い、成分純度99.9%を実現

 

 

など製法に徹底的にこだわることで、他サプリに比べやや優位性を持っているといってよいかと思います。

 

 

さすが新型といったところでしょうか。

 

 

ハイブリッド化しているといってよいでしょうね。

 

 

このあたりをより詳しく知りたい方は公式ページの下部にある「リザベリンInfo」のリンクから説明ページに飛んでください。

 

 

「リザベリン」の公式ページで詳細を見る。

 

 

「リザベリン」の全原材料名

 

リザベリン2

「リザベリン」を取り寄せて飲んでみました。

 

 

タブレット状にできるほどなので、臭い、味はありますがとても薄いです。飲みにくさはありません。

 

 

これも成分取り出しと濃縮の製法技術が進んだ結果といえるのかもなと思います。

 

 

飲み間違えのないよう、タブレットには色素で色付けしてあります。

 

 

全成分は下記に記載します。

 

 

「リザベリン」全成分
90粒、各325mg3種類、1か月分

 

【ホワイトタブレット】
L-オルニチン、L-リジン、L-トリプトファン、L-アルギニン、L-シトルリン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-アスパラギン酸ナトリウム、N-アセチルグルコサミン、キトサン、コンドロイチン含有サメ軟骨抽出物、燕の巣抽出物、ホワイトウィロー、セントジョーンズワート、カンゾウ、ホップ、DNA含有鮭白子抽出物、フィッシュコラーゲン、クロム含有酵母、カツアバ、ブドウ種子、カモミール、バナバ、オリーブ葉、デビルズクロー、ボロホ、DHA、ソルビドール、結晶セルロース、ショ糖エステル、二酸化ケイ素

 

【ピンクタブレット】
テスティス抽出物(豚由来)、トナカイ角、スッポン、ニームリーフ、ガルシニア、アムラ、ボスウェリア、パンプキンシード、エキナセア、イチョウ葉、ローズマリー、ボレップ、アンジェリカ、ミルクシスル、ガジュツ、サフラン、ラカンカ、ブラックコホシュ、ヒマラヤニンジン、ローヤルゼリー、ソフォン、ラクトフェリン、霊芝、海馬、亜鉛含有酵母、サソリ粉末、D-リボース、ソルビドール、結晶セルロース、ショ糖エステル、二酸化ケイ素、ビタミンB6、ビタミンE、着色料(赤102号)

 

【ブルータブレット】
蛇胆、蚕粉末、冬虫夏草、マカ、トンカットアリ、ニクジュヨウ、ワイルドヤム、ブラックカーラント、フーカス、ハス胚芽、ムイラプアマ樹皮、ケイヒ、バレリアン、キャッツクロー、ウコン、ソーパルメット、マジョラム、明日葉、黒胡椒抽出物、アロエベラ、海藻抽出物(フコダイン含有)、MSM(メチルサルフォニルメタン)、コブラ、八つ目ウナギ、カキ肉エキス、マムシ、海蛇、蜂の子粉末、パフィア、ムクナ、朝鮮人参、ナツメ、ガラナ、エゾウコギ、カカオ、トウゲシバ、黒大豆種皮、ロディオラ、コリアンダー、田七人参、ビンロウジ、ヒハツ、ソルビドール、結晶セルロース、
ショ糖エステル、二酸化ケイ素、ビタミンB2、着色料(青1号)

 

 

定期便は現在ないようです。

 

リザベリン3

取り寄せてみると、商品と「増大」についての使用例がかかれているパンフレットがあったのですが、定期便については書かれていませんでした。

 

 

読んでみると追加注文は都度承るということです。

 

 

本気であれば少なくとも3か月は続けて増大過程を追うべきです。

 

 

数量に従い、安くなっていきますからまとめ買いしたほうがよいでしょう。

 

 

ただし、数量に限りはあるそうです。この手のサプリは売れすぎるとまれに欠品が起こることがあります。

 

 

天然素材が多種に及ぶため、確保がなかなか十分でないものもあるようです。

 

 

欠品による中断は避けたいものです。

 

 

まあ、よほどのことがないと欠品しないとは思いますが。

 

 

増大サプリは2つが大切です。

 

 

  • 「必ず毎日決まった時間に忘れず飲むこと」
  •  

  • 「適度な頻度で最大限勃起させるトレーニングを繰り返すこと」

 

 

です。

 

 

ペニスに意識を集中させ、成長ホルモンを充てるシグナルをしっかり出さなくては、やはりどこを成長させれば良いのかということになり、折角進化したハイブリッド成分のサプリの実力を十分生かしきれません。(他の増大サプリにも言えることですが。)

 

 

そこを意識することで出来が全く違ってくるので、上記のことは必ず意識しましょう。

 

 

「リザベリン」を特にお奨めしたい人

 

  • 勃起の勢いを増したい人
  •  

  • 平常時のサイズも大きくしたい人
  •  

  • 勃起サイズに自身がない男性。(勃起力アップ)
  •  

  • 寝起きが悪い、血行不良など、体調に不安のある男性
  •  

  • 体力のない男性(スタミナ・持続力アップ)
  •  

  • 元気が出ない、活力が出ない男性全般
  •  

  • 太っている人、中性脂肪が多い人
  •  

  • 成分の種類の多さにこだわる人。
  •  

  • 成分の吸収性、作用効率性にこだわる人。

 

 

「リザベリン」がお奨めできない人

 

  • 常用薬があり、医師にサプリメントの併用を止められている人(医師の判断による)
  •  

  • 返金保証が必要な人。

 

評価:星5
形成する添加物を使っていないので湿気を帯びるとぼろぼろになるような安全天然素材っぷりの超多成分サプリ。
タブレットタイプなので飲みやすいです。
1日にまとめて飲むよりは白、ピンク、青3回に分けたほうが良いと思います。
シトルリン豊富なサプリよりも初期の実感が乏しいですが、誰でも体に合いやすいというメリットがあります。
月日が経つほどに逆転していく可能性があるので、投げ出さないで続けましょう。
配合している素材の種類、性質によってタブレットの色を変えています。
着色に合成添加物を使っているのがちょっと残念という人もいるようですが、まあ、アイスやキャンディーはもっと大量の着色料をつかってるわけで…難癖レベルですよね。
また、窓口のサポートが手厚く、増大させる気満々です。相談するのはちょっと恥ずかしいんですけどね。
メディアへの露出で知名度が向上。実はネット注文以外での販売実績が高いようです。

 

「リザベリン」の公式ページで詳細を見る。

 

ペニス増大サプリを飲み始めたら、トレーニングは必須ですよ。


ダイスケです。



増大サプリは、それこそ飲むだけでも、成長ホルモンの分泌量が増えるように、微妙な成分調合をされているものです。



ですから、飲み続けているだけでも、成長ホルモンの分泌量は大きくなり、少しづつ成果が上がっていくことは見込めると思います。



でも、そのままただ飲むだけででは、ムダに他に使われてしまう成長ホルモンも多いのです。



成長ホルモンと男性ホルモンをペニスに集中させようと意識することで、ペニスの成長速度が全くと言っていいほど違ってくるものです。



それほどトレーニングは重要なものなので、かならずトレーニングはするようにしましょう。



増大トレーニングの意味とは


増大トレーニングの意味とは



「栄養素により自力分泌量が増幅した成長ホルモンを、筋肉や髪、体毛などの身体の他の箇所に使われてしまうことなく、ペニスに集中させる」



ことです。



そのままトレーニングをしなければ、せっかく成長ホルモンの分泌量が増えても、わずか3%しかペニスに作用せずに、他の部分、筋肉、体毛、毛母細胞、ヒゲ…などに使われてしまうのです。



せっかく頑張って分泌させた成長ホルモンと男性ホルモンを無駄なく増大に使うため、以下のことを徹底して行いましょう。



尚、トレーニングはできるだけ就寝前が良いでしょう。



成長ホルモンの分泌量が、眠りに落ちて90分程度で最大化するためです。



トレーニングの余韻により、成長ホルモンがペニスに充てられやすくなります。



サプリはできる限り「トレーニング30分以上前」に飲みましょう。



サプリは、30分程度で消化され、体内に摂り込まれます。



男性ホルモンの分泌成分も、1時間以内に栄養素として使われ始めます。



特に「シトルリン」の血行促進作用は飲んで30~1時間程度で始まるので、そこを狙ってトレーニングするとよいでしょう。



シトルリンが作用している間は栄養だけでなく、成長ホルモンのめぐりも活発になるのです。(成長ホルモンやテストステロン、他内分泌型ホルモンは血管を通して伝わるため。)



実際のトレーニングはどのようなことをするのか


以下のことを意識してトレーニングします。



勃起トレーニング

  • 最大限に勃起させること

  • 自慰行為だが、射精せずに寸止めして、成長の必要性を脳下神経に感じさせる。(最大限の快感を得るセックスであれば、射精してかまわない。)

  • 自慰行為での射精は、サプリを飲んでいる間できる限り控える(精液を出し過ぎると、最大限に勃起できないため)

  • 勃起を強く、長時間持続させる


筋力トレーニング


  • ペニス周りの筋肉、下半身を、スクワットで鍛える。スクワットは、10回、2~3セット行う。

  • 壁に手をつき、かかとを上げたり下げたりするなどで下半身の筋肉を鍛える。かかと上げも10回、2~3セット行う。



他、股関節、足の筋肉を鍛えられるトレーニングなら、効果代大です。



男性ホルモンの分泌と、血液がペニスに集中されすいようにするため、下半身の血行を良くすることがポイントになります。



セックスはしてもOKです、ただし出しすぎない。


セックスはしてもいいですが、最高潮の快感を味わうために、最大に勃起させることを意識してします。



最大限に勃起させられないと、ペニスを大きくする必要はないと、脳下神経が判断してしまいます。



成長ホルモンをペニスに送り込むことをしなくなって、他に使われてしまう。



最大限に勃起できなくなる原因は、射精のしすぎです、



よって、最大限勃起できない、セックスでの射精のしすぎ、また、射精目的のオナニーの繰り返しは厳禁です。



射精の間隔は1日ごととか、3日ごとだと最大限に勃起させられなくなります。



大体1週間は開けないと、十分な精液量にはならないと思います。



大きくなるまでは出しすぎないよう我慢して、ストイックなトレーニングをしましょう。



セックスに近いかなり強力な快感を得られるものとして、アダルトグッズなんかを使うのも増大には効果的です。



ただ、ひたすら快感を追うものだけにその性能は進化しすぎました。これは弊害もあります。



実際のセックスよりも過激な映像を見ながら、これから体感するセックスでペニスに感じる快感以上の快感をグッズで快感してしまうと、本当のセックスで物足りず、心因的ED(勃起不全)や遅漏になりかねません。



くれぐれも快感に任せて射精しまくるのはまずいです。



精液不足では最大の勃起ができなくなるため、折角の成長ホルモンがペニスに作用しにくくなってしまいます。



上に上げたセックスと同じ事です。グッズでの自慰行為時も「最大の快感と勃起」を得られるように調整してください。



あと、大切なことがもう一点あります。



サプリの栄養はあくまで内分泌ホルモンの分泌、体調向上などに向けてのものです。



細胞を形成する直接的な栄養素ではありません。



細胞を増やすには、普段の食事で、質の良いたんぱく質を摂ることを特に心がけることが大切です。



脂肪分を落とした赤身肉などは、たんぱく質他、天然の亜鉛など多く摂れ、お勧めです。



※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のリンクからアクセスしてください。

当サイト推奨の増大サプリランキングページへはこちらをクリック


「リゼノール100E」は現在販売終了しています。
「ゼファルリン」は内容を改善しながら、今も継続しています。
ただ、僕らが増大を試していた時とは比べるべくもない高性能の増大サプリが続々と登場しています。
最新型多成分サプリの「バリテイン」「ギムロットα」など…
僕も今は乗り換えています。(ダイスケ)

最新の増大サプリを含むリストはこちらのページ。


「ゼファルリン」詳細ページへ↓↓
ゼファルリン商品詳細へ

トップページ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。